<

ウチの王子

おなかの赤ちゃんにタッチしようよ その4

ママの妊娠がわかって最初に購入した本がこれ。



パパは、この本を読んで
ぜひ出産には立ち会い、生まれてくる赤ちゃんを
ママといっしょに迎えてあげようと誓ったのでした。

といってもはたして
こちらの思うとおりに生まれてくれればいいのですが・・・・




それは日曜日。

そろそろ出産が近いということで
1週間前から退院して里帰りしていたママの
見舞いを兼ねて実家に食事をごちそうになっていました。ハハ・・・。

お義父さんお義母さんと酒を一杯やりながら
TVで「宮本武蔵」を見ておりました。

たしか十三軒堂の戦いの巻きだったと思います。

ママは隣の部屋で重いお腹を抱えたまま横になってそろそろお休みタイムかなーといったところ。

時間は8:40頃。

まさに武蔵が十三軒堂で敵と向かい合い、
お互いにらみ合いながらお堂の廊下を
ダダダダダ! と走り
武蔵が木刀を上段に振りかざしながら宙を舞った瞬間!!



「あー!破水した!!破水破水!」


ママが叫んだのであります。


「えー!なんでわかるんだー!」
私が叫ぶと


「パチッと音がしてお尻がビショビショになってるう!」


あわてて布団をはいでみるとママのお知りのまわりが
大洪水状態です。

これはちょっとおねしょのレベルとは確かに違う!


「病院に電話してー!」



たしかに破水したら病院に連絡することになっています。



あわてて連絡すると電話の向こうでは案外冷静なお答え。



「あーいよいよですね。では、病院に連れてきてください。」


お義母さんが
「わたしが運転するわ」というのを


「こんなときは慌ててるからかえって危険です。
ここはお金がかかってもタクシーで行きましょう」


と諭し、タクシーにもそれなりの準備をしてもらって
迎えに来てもらいました。


1台はママとお義母さん
もう1台にわたしとお義父さんが分乗し、病院にむかったのであります。


つづく・・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
チッヒー誕生(前編)
チッヒーは3年前の11月にこの世に誕生した。 夜中に、破水したとオクサンがトイレから出るなり言う。 すわっ!一大事、病院へ急行だ。 オクサンはしばらく風呂に入れないからと、シャワーを浴び..
ブログ名おせ君の班日記